ブランデーケーキ 
-Brandycake-

変らぬ製法で作る職人のブランデーケーキ

焼き立てのパウンドケーキにたっぷりのブランデー(サントリーVSO)を染み込ませた大人のパウンドケーキ。
店主が最高級の味を目指して、修業時代から半世紀に渡り試行錯誤を重ねてきた究極の味。その製法を今も引き継ぎ、日々手作りで仕上げております。
出来立てよりも、1週間以上熟成させたほうがいっそう美味しくお召し上がりいただけます。
特に1~2週間を目安に上下を返す保存方法は、お客様がご購入後もお召し上がりいただくまで、お客様にその作業を繰り返していただくというワガママなブランデーケーキです。
お好みの仕上がりにぜひ育ててみてください。

ブランデーの種類によって、選べる3タイプ。

スタンダード

サントリーVSOをたっぷり染み込ませた大人の味のブランデーケーキ。

楽天市場店でのご注文はこちら 

プレミアム

クルボアンジュVSOPを使用。いつもよりもちょっぴり贅沢に。

楽天市場店でのご注文はこちら 

エクセレントXO

最高級品ヘネシーX.O.を使用。特別な日、特別な人に、思いを込めて。

楽天市場店でのご注文はこちら 

半世紀を経て究極の味に。ロイヤルのブランデーケーキ物語

店主は、昭和48年に山口県宇部市にある宇部新川駅前の松島町商店街に自分のお店をオープンし、その後、かねてから思い入れのあったブランデーケーキというお酒の利いたパウンドケーキを店頭に並べ始めました。

このブランデーケーキ、今でこそ、どの洋菓子店にも並ぶような定番焼き菓子になりましたが、そのころはあまり知られておらず、お酒がたっぷり入っているこのお菓子のファンはほとんどいませんでした。

それでも、店主はこのブランデーケーキを、どうしてもあきらめることができませんでした。

なぜここまで?・・・その思い入れの強さの源は、それよりもさらに昔にありました。

時代は遡り、その十数年前の修業時代、店主は16歳で福岡県知事賞をもらうという快挙を成し遂げました。そのアイテムの中でもブランデーケーキは、個別に感謝状をもらうほどのお菓子でした。その彼の自慢のパウンドケーキ、なんとか皆さんに知ってもらいたいと作り続けました。
プライドを持って、売れ残っても、売れ残っても、その味にこだわり、採算の取れない半ば店主の趣味に近い存在になっても、止めることなく日々作り続けていきました。

その中で、少しずつ少しずつ、1人、2人とファンが増え、その少数のファンの方々がいつの間にかご意見番となり、味の共同開発者となり、素朴で味わい深く、風味の良い、納得のいくパウンドケーキを完成させることができました。

そして、年月をかけて試行錯誤しながらも納得のいくものに仕上げた店主の自慢の品は、 時を重ねながら熟成する縁起の良いお菓子として、結婚式のお引き菓子としてもお使いいただくことが増え、 いつの間にか欠かすことのできない看板商品になりました。

その後に、店主は全国菓子大博覧会で、名誉会長賞など、数々の賞を受賞。
その足掛かりでもあるブランデーケーキは、お店を南小串に移してからも、最高級のギフト商品として今も変わらずご利用いただいております。